専業主婦が即日融資を受ける為に知っておくこと

まず専業主婦が借入可能カードローンを知ろう!

収入のない専業主婦は総量規制により配偶者貸付でノンバンク(銀行以外の金融業者)に申込めますが、ノンバンクでは

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本)
  • 一定金額以上の場合は配偶者の収入証明

を必要とする配偶者貸付には消極的で専業主婦は門前払いされていますのでノンバンク(消費者金融や信販会社)では申込めない状況です。

 

 

ですので専業主婦が申込めるのは銀行カードローンだけということになります。


銀行カーローンで専業主婦向けなカードローンを知ろう!

銀行カードローンの中でももちろん収入のない専業主婦は申込不可能な所はたくさんあります。専業主婦の申込がOKなところは、

 

 

専業主婦向けの(小額の)借入枠を設けて銀行のリスクを軽減しているので可能になっています


即日融資となると銀行のサービスには限界があり、自動契約機(即日カード発行できる機械)がないので、

 

 

手持ちの口座でも即日振込が可能か必ずチェックが必要です!


以下に即日振込可能な口座を明記していますので即日融資が希望であればあなたの手持ちの口座が可能かどうかしっかりチェックしてください!

専業主婦向けなカードローンの即日融資の条件

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

金利 年利 2.2%〜17.5%
限度額 最高 800万円

もし主婦がパートなどで安定収入があったのなら別のカードローンを選ぶのが正解

即日融資なら消費者金融が

 

 

  • 即日カード発行できる自動契約機を全国に多数設置している
  • 即日振込の可能時間も長く振込先金融機関を選ばない

と言う面で銀行カードローン(専業主婦カードローン)よりも有利になってきます。専業主婦申込不可能な消費者金融でも

 

 

パートで安定収入があれば主婦でも申込可能


なので、無利息サービスを利用して早期返済すれば銀行カードローンよりも利息が少なくて済む大手消費者金融に申込まない手はありません。

即日融資にも有利な大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

専業主婦向けの銀行カードローンでの即日融資

銀行の専業主婦向けカードローンは少ない利用限度額を実現しつつ、低金利で借りられるというメリットを持っています。しかしこれ以外にもメリットが存在し、即日融資という方法を利用出来るようになっています。

 

 

しかし銀行のカードローンの即日融資のサービスには限界があり大手消費者金融の方がその可能性は高くなっています。


カードローンでこの方法が利用出来るのは非常に大きなことですので、気になっている方は挑戦してみるといいでしょう。銀行の専業主婦向けカードローンを即日で利用可能にするには、大抵その銀行の口座を作ってキャッシュカードを発行することが必要となります。

 

 

一部の銀行カードローンでは口座開設は不要なものもありますが大手消費者金融では口座を選びません。


これは事前準備という部分ですので、絶対にしておかなければなりません。キャッシュカードが無ければ引き出すことができませんので、即日融資を受けるということはできません

 

まずは先に銀行の口座開設を行って、それからカードローンの発行をした方がいいでしょう。申込みが終わって審査結果が出た時点で、ダイレクトバンキングという形で契約を行えばカードローンを利用することができます。

 

キャッシュカードが必要なのはATMで手続きをするために必要不可欠なものなので、どうしても持っていなければならないのです。

 

何もしていない状態で即日融資を受けることはまずできないと思っていただければいいですが、銀行の口座を最初から持っているということであれば簡単に利用出来ると思っていいでしょう。

 

ただ審査結果が遅れてしまっている場合、ATMが利用できないという問題が出てしまいます。そのため早い段階で手続きを行って、即日融資を受けられるようにしなければなりません。

 

深夜に申込みをしても審査が行われませんし、夕方の場合はATMの稼働が停止する可能性もあります。従ってかなり早い時間帯にカードローンの申し込みを行って、審査を終えてもらうことが必要となります。

 

銀行カードローンは一見すると難しいように思われますが、実は即日融資を受けられるカードローンなのです。ダイレクトバンキングという変わった方法を利用しますが、確実に即日融資を受けられる方法があります。

専業主婦でもキャッシングが行える配偶者貸付とは?

配偶者貸付とは、総量規制の例外の条項であり、専業主婦(主夫)がキャッシングを行いたい時に利用する制度であります。

 

キャッシングは通常、銀行や消費者金融で行うものですが、消費者金融では総量規制(年収の3分の1を超えるキャッシングを制限する制度)が適用されるため、収入がない専業主婦の方は利用できません。

 

しかし、いくら収入がないといっても公共料金の支払い等でどうしてもキャッシングが必要になることもあります。

 

 

そのような場合の専業主婦(主夫)への総量規制を緩和する制度が配偶者貸付です。


配偶者貸付の条件とは?

配偶者貸付では専業主婦(主夫)ならだれかれカードローンに申込めるという訳ではありません。もちろん条件があり、

 

 

  • 配偶者に安定収入がある事
  • 配偶者の借入と合算して配偶者の年収の1/3までしか貸せない事
  • 配偶者の同意書と配偶者である証明書を金融業者は申込者から受け取る事

以上のことが当てはまる専業主婦(主夫)だけが総量規制の適用業者での例外を受けて申込めるようになるのです。この配偶者貸付はもちろん

 

 

総量規制の適用業者である消費者金融等のノンバンクに専業主婦(主夫)が申込む為の例外条項であり、そもそも総量規制の対象外の銀行カードローンには関係ありません


配偶者貸付の実際の運用はどうなっているの?

配偶者貸付を利用すると夫の収入を含めることができますので、

例えば夫の年収が450万円だった場合、この年収の1/3の150万円までのキャッシングが配偶者の借入とと合算して可能になります。

これだけを見ると良いことばかりのように思えますが、実際に総量規制の対象業者が運用するには基本的には申込者に書類を提出してもらう必要があり、具体的には

 

 

夫がキャッシングを行うことに対して同意していることを示せる同意書と夫とは婚姻関係であることを示すための書類(住民票)が必要となるので、非常に面倒な部分がありますので消費者金融では配偶者貸付での専業主婦の申込は受け付けていません


そのため、制度そのものは存在しつつも運用している総量規制の対象業者はほぼ皆無です。

 

それに加え前述の通り、総量規制の対象業者である消費者金融、特に大手の消費者金融では自身に収入がないとキャッシングが行えないので、この制度を利用することすらできません。以上のことから、

 

 

専業主婦がキャッシングを行いたい場合は銀行カードローン特に借入枠の限定された専業主婦向けの銀行カードローンを利用するのがベストと言えます。


銀行ならば収入がなくても配偶者貸付を利用することでキャッシングが可能ですが、旦那に内緒で申込みたい専業主婦が殆どなので借入枠の限定された専業主婦向けの銀行カードローンがベストになってきます。そのような銀行カードローンとしては前述の通り、

  • みずほMy Wing わたし応援ローン
  • じぶん銀行カードローン
  • スターカードローン
  • 静岡銀行カードローンセレカ
  • ちばぎんカードローン
  • になります。そしてこの中でもすべてのカードローンが

 

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係の証明書
  • 収入証明

が必要ありませんので旦那に内緒で申込めるカードローンになっています。一般の銀行カードローンに専業主婦が申込む場合には、金利や提出する書類が異なりますので、専業主婦専用カードローンに申込むのが確実です。

更新履歴